LBP9100Cの評判について

main-img

キャノンのLBP9100Cレーザービームプリンターは市場でかなり良い評判を得ています。静粛性という面で他メーカーよりも軍配が上がっています。


販売者側でのコメントとしては、そのコストパフォーマンスの良さからお客様へお勧めしているという声が最も多い状況です。

キャノンは大手有名メーカーですから、購入する側にとって不安な面はありません。LBP9100Cの印刷スピードも、カタログ値通りです。



海外メーカーの製品ですと、カタログに記載されている性能と実際にやってみたスピードが食い違うことがたまにありますが、そこは信頼性の高い日本メーカーですので、LBP9100Cを購入しても満足がいくことと思います。また購入したあとのメンテナンスも、国内メーカー製ですので安心できます。


プリンターはそのインクのコストが高いのですが、市販品を使えばローコストで印刷することができます。



ただ信頼性を最重要視するならば、やはり純正のインクを購入したほうがよさそうです。

プリントアウトした解像度についても、インクジェットと比較し遜色はありません。


またA3のカラープリンターですので、ビジネスユースとして使いまわしはベストです。A3を印刷できるプリンターとしては、非常にコンパクトに設計されているのではないでしょうか。プリンターの内部機構はたくさんの部品があり複雑です。



それぞれの部品が持っている機能を最大限引き出せるようにレイアウトしなければなりませんが、このようにコンパクト化ができていることを考えるとたいへんな苦労があったのではないでしょうか。


まずはベストなプリンターと言えます。

関連リンク

subpage01

CT201401とは

CT201401は、富士ゼロックス(FUJIXerox)のDocuPrintC3350に対応しているトナーカートリッジの商品番号です。CT201401は、イエローのトナーカートリッジで、JISX6932(ISO/IEC19798)に基づいて、A4普通紙に片面連続印刷した場合の公表値で測ると、約4、500枚の印刷が可能です。...

more
subpage02

LBP9100Cの評判について

キャノンのLBP9100Cレーザービームプリンターは市場でかなり良い評判を得ています。静粛性という面で他メーカーよりも軍配が上がっています。...

more